Traffic accident交通事故

traffic交通事故

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 首・肩・背中に痛みや違和感を抱えている
  • 病院で湿布と痛み止めの薬しか処方されていない
  • 頭痛や吐き気、めまいがする
  • 手や足がしびれる

上記のような症状でお困りならぜひ、ふじ接骨院にお任せください!!

About交通事故治療について

交通事故に遭われた際の治療は、基本的には自賠責保険が適用となりますので自覚症状のあるなしにかかわらず治療を受けられることをオススメします。交通事故によるむちうち治療のスペシャリストであるふじ接骨院にご相談ください。早期に回復するように一緒に頑張りましょう。

交通事故の被害者は、怪我が打撲や捻挫の場合、症状が長引いてもなかなか周囲の理解が得られず、苦しむことが多いものです。交通事故での怪我はスポーツなど、運動中の怪我と違い、無防備でいる中で突然衝撃を受けての受傷のため、悪化しがちな面があります。交通事故は衝撃が強い分普通の怪我より長引きやすいのです。しかし、交通事故治療ということで保険会社からは治療のうちけりを促されたりしますし、なかなか治療に専念するのも難しく、被害者は苦しい状況に陥りがちです。しかし、大事なのは元の身体の状態に戻す事です。ある日突然交通事故に遭ってしまった被害者が、治療をためらうことなどあってはならないことです。

Our treatmentふじ接骨院での交通事故治療について

  • 転院、併用出来ます。
  • 窓口負担0円で施術がうけられます。
  • 交通事故の知識が豊富なため保険会社とのやりとりもサポートします。

病院では、打撲や捻挫に対しては、湿布や痛み止めの薬を出すだけの治療になることが多く不安を感じている方も多くいます。
なるべく早く事故前の元の身体の状態に戻すためには対症療法だけではどうしても治りが遅くなってしまいます。ふじ接骨院ではまず、身体全体のバランスをみるために問診、触診、検査を行いどこの筋肉に負担がかかっているのかを判断し、身体のバランスを正常な状態にもとしていきます。

突然の事故で身体の自由がきかなくなり、幹部をかばう動きを続けていると、他の部位に強い負荷がかかり、身体のバランスが崩れていき、より痛みが強くなっていきます。また、ふじ接骨院では手技の他にハイボルテージ治療、超音波治療などの最新の医療機器で早期に回復できるように治療できます。交通事故に遭ってしまったら一度ふじ接骨院にご相談ください。

FAQよくある質問

てすと

テスト回答

Flow交通事故に遭ってしまったら...

  • 1まずは警察へ交通事故の届け出

    加害者はもちろん、被害者から届け出ることが必要です。(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届け出が重要です。)また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。

  • 2相手(加害者)の情報を収集

    相手方の氏名、住所、連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車の会社(組合)名、証明書番号、他に、勤務先や雇主の住所・氏名・連絡先(※業務中であれば運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

  • 3現場での目撃者を確保

    万が一、相手方とトラブルになった際などは第三者の意見は効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば協力を得て、証言をメモしましょう。氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。

  • 4現場の記録

    事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残して置くことも重要です。データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

  • 5病院にて医師の診断を受ける

    交通事故の治療には医師の診断が必要です。(当院での診断の場合、「交通事故の治療を希望」とお伝えください。)

  • 6保険会社へ接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝える

    保険会社より当院に、交通事故の治療以来の連絡が入り、治療開始となります。